HOME › クーラーボックスの選び方・使い方

クーラーボックスの選び方・使い方

クーラーボックスは「冷やす」のではなく、「冷たさを保つ」ための製品です。
中の空間が多く空いてしまうと庫内温度の上昇が早くなりますので、適切な大きさを選ぶことが大切です。
また、使い方によっては備わっている抜群の保冷能力を落としてしまうことも考えられます。

ここでは、クーラーボックスの選び方と賢い使い方をご紹介します。

クーラーボックスの選び方
クーラーボックスの賢い使い方

クーラーボックスの選び方

材質がしっかりしているクーラーボックスを選びましょう!

ホームセンターでも売っているクーラーバッグやシンプルな発泡スチロールのクーラーボックスは、とにかく安くて軽いのが魅力ですが、保冷能力もそれなりしかありません。
短時間の保冷やしっかりしたクーラーボックス内の小分け用に向いています。
真夏の炎天下や野外で使用するには、やっぱりクーラーボックスレンタル専門店が取扱いしている発砲ポリウレタンフォームを十分すぎるほど充填して作られた保冷能力抜群のイグルーマリンシリーズのクーラーボックスです。

適切な大きさを選びましょう!

クーラーボックスが大きければ大きい程良いというわけではありません!!
中の空間が多く空いてしまうと庫内の温度上昇が早くなりますので、適切な大きさのクーラーボックスを選ぶことが大切です。
場合によっては、大きいものを1個よりも、飲み物と食べ物に分けて小さめのクーラーボックスを2個使用することも効率的です。


クーラーボックス(大)

ローラー付きクーラーボックス

クーラーボックス(小)

クーラーボックスの賢い使い方

保冷材もしっかり!

何度も言いますが、クーラーボックスは「冷やす」にではなく「冷たさを保つ」ための製品です。
クーラーボックスの中に入れる予定の食材を事前にしっかりと冷やしてください。
また余裕があれば食材を入れる前に保冷剤や氷などで中を冷やしておいたり、保冷剤をクーラーボックスの底に敷き詰めると保冷効果はUPします。

※保冷剤を上の方に置くと中の空気が対流するので、全体的に冷やす時にお勧めです。

現地では日陰に!

日が当たる場所と日陰に置くのは保冷効果が全然違います。
クーラーボックスは必ず日陰に置いてください。
また日陰に置いたつもりでも、1日同じ場所に置いていたりすると気づいたら日が当たっていたりもしますので、ご注意ください。

開け閉めを最小限に!

クーラーボックスの蓋を開けっぱなしはもちろん良くありません。
開けるたびに中の冷気が逃げてしまいますので、出来る限り開け閉めの回数も少なくするのが冷たさを長持ちさせる一番のポイントです。
時間が経過して内部に水が溜まってきたら水抜き栓から抜いてください。

手持ちの断熱シートやクーラーバッグ等も活用!

手持ちの断熱シート(アルミマット等)があれば、日陰に置いたクーラーボックスの上にかけて保冷効率を良くします。
猛暑で心配な場合には食材を簡易なクーラーバッグなどで保冷剤と共にくるみ、クーラーボックスに入れると二重ガードされるのでさらに持ちが長くなります。

なんと言っても保冷能力の高いクーラーボックスを使用することですね。
弊社が取扱いしているイグローマリンのクーラーボックスで保冷実験をしてみたところ、最高気温36度の猛暑日でブロック氷を敷き詰めたクーラーボックス(小)を日陰に置いて、朝8時半~夕方17時半の9時間に溶けた水の量は計量カップで測るほどありませんでした。

クーラーボックス・ドリンクサーバー・アイスボックス(どぶづけ)・
冷温水兼用ウォータークーラー(給茶機)レンタル専門店は
2017年3月現在で1878件以上のレンタル実績がございます。
対応スタッフはベテランが多く、日々の業務で商品知識を実地で身につけています。

クーラーボックス・ドリンクサーバー・アイスボックス(どぶづけ)・冷温水兼用ウォータークーラー(給茶機)レンタル専門店スタッフ一同

大好評にて予約殺到中。毎年、キャンセル待ちになってしまって、
大変残念な思いをしてしまう お客様が必ずいらっしゃいます。 
ご予約は5ヶ月前から出来ますのでお早めに!

フォームからのご予約・お見積依頼・お問合せはこちら

15時までのご注文で在庫があれば即日発送可能です。
レンタル日まで一週間を切っている場合は、
最初にお電話にてご連絡ください。その場で在庫を確認いたします。

お電話の前に必ずこちらをクリックしてください。

ご予約・お見積依頼・お問合せはお電話でも歓迎致します。0120-65-7181